物撮りには白い背景紙を。ブログやメルカリの商品撮影におすすめです

2020-04-15
生活雑貨
白い背景紙

当ブログ『ebalbum』の開設から3ヶ月ほどして、鳥羽さんのブログ『トバログ』の写真の美しさに目を引かれました。

ブログ開設時から自分なりに研究して撮影するものの、どうしてもきれいな写真に仕上げられない…。

しばらく悩んでいた2019年末、鳥羽さんが〈物撮りの際に使うオススメの白い背景紙を新調しました|買ったモノ〉という記事を更新されました。

写真の美しさをブログに取り入れたい自分としては、「トバログのようなきれいな写真が撮れる、かつてないチャンスだ…!」とすぐに白い背景紙を新調。

今ではとても気に入っている、プラスチック製の白い背景紙ユーザーとなったのです。

物撮り用の白い背景紙Mekingの「PVC」をチェック

 

スポンサーリンク

プラスチック製の白い背景紙

白い背景紙1

実際に買ってみた背景紙はプラスチック製で、傷や汚れに強いメリットがあります。

商品Meking 撮影用バックペーパー
素材PVCプラスチック
サイズ100cm×200cm
カラーホワイト
価格¥2,400

100cm×200cmとやや大きいサイズではあるけれど、テーブルに広げて”引きの撮影”にも使えるので重宝しています。

白い背景紙3

白い背景紙を4ヶ月ほど使ってみたので、感想を2つだけまとめました。

この白い背景紙の用途はブログに限らず、Instagramやメルカリ出品の撮影と、幅広いアイテムです。

 

土をこぼして汚れても、サッと洗えて使える

グリーンネックレスの写真

撮影中、白い背景紙に土をこぼしてしまい、汚してしまったことがあります。

しかし、サッと水拭きして汚れを落として、またきれいな状態で使うことができました。

プラスチック製品だからこそ、汚れや傷に強くて長持ちしてくれるメリットはあります。(以前は紙製の背景紙を使っており、汚れなどを落とすことができなかった。)

 

プラスチック製だから扱いが難しい

白い背景紙2

メリットであるプラスチック製ですが、少し扱いづらさを感じています。

グルグルと巻き込む力が強いので、使用時は重みのある本などで抑えなければいけません。

以前は、ホームセンターにある白い板を使っていました。

板状の背景紙は保管こそ大変ですが、使用時はテーブルに置くだけのかんたんさ。

プラスチック製ゆえの扱いづらさは多少あるものの、撮影シチュエーションの幅は広がったので、かなり満足はしています。

プラスチック製・白い背景紙をAmazonで見る

 

白い背景紙を使った物撮りの作例

鳥羽さんと同じ背景紙ユーザーになってから撮った写真をいくつか並べてみます。

21歳男子のニキビケア化粧品写真
無印良品ボアフリースキャップの写真5
文庫本装丁紙3

手持ち写真の背景にもなります。

ガジュマルの木とグリーンネックレスの写真

このあと盛大に土をこぼす…。

フライパンで玄米を炊く写真3

自分の好きな「物撮りの世界観」を表現できるようになったので、本当に買ってよかったです。

 

まとめ:写真に美しさが生まれました

プラスチック製の白い背景紙を使いはじめてから、写真に美しさが生まれました。

理想的なイメージの写真を撮れるとどんどん楽しくなり、シャッターを何回も押してしまいます。

・商品が映えて見える
・背景紙に光が反射しない
・傷や汚れに強く洗って使える
・写真のサイズを小さくできる

多くのメリットを感じられ、理想に近い写真を撮影できる白い背景紙。ぼくのブログ運営にとって、必須アイテムの1つです。

物撮り用の白い背景紙をチェック