京都あんこ巡り:Kaikado Cafeのバター染みこむ贅沢な「あんバタ」

2020-01-31
歩く
Kaikado Cafeあんばた

Kaikado Cafeの「あんバタ」は、あんことパンが好きな人にとって最高のおやつ。

今回のあんこ巡りの目的は、バターたっぷり染みこむトーストに餡をいっぱい載せた「あんバタ」。

京都駅から徒歩10分ほどに位置する「Kaikado Cafe」には、見た目からしておいしそうな「あんバタ」がありました。

ひと口噛むごとに満足感に包まれるあんこのお菓子は、あんこ好きにとって最高の1品。

京都あんこ巡りKaikadoCafe「あんバタ」の写真2

和菓子の聖地・京都で、あんこのお菓子を食べ尽くします。

 

スポンサーリンク

カフェであんこを。京都駅から歩いて行ける「Kaikado Cafe」

京都あんこ巡りKaikadoCafeの写真9
Kaikado Cafe外観

今回の京都あんこ巡りのお目当て「Kaikado Cafe」は、京都駅中央口(京都タワー側)から河原町通りに出て、10分ほど歩くとたどり着きます。

七条河原町という大きな交差点の近くに、歴史を感じる登録有形文化財の建物。この1階が「Kaikado Cafe」となっており、おしゃれカフェの雰囲気を感じます。

京都あんこ巡りKaikadoCafeの写真5
Kaikado Cafe内

石油ストーブがつけられた店内は冬でもあたたかく、つい長居してしまいそう。

京都あんこ巡りKaikadoCafeの写真6
Kaikado Cafe内

この日「Kaikado Cafe」に行ったのは、金曜日の11時30分頃。

店内のお客さんはまだ少なく、おしゃれなカウンターで落ち着いた時間を過ごせました。

 

バターたっぷり、あんこも絶妙な甘さの「あんバタ」を食べる

頭の中は「あんバタ」を食べることでいっぱい。さっそく注文しよう。

京都あんこ巡りKaikadoCafeの写真11

「あんバタ」「Kaikadoブレンドコーヒー」のセットを注文

あんバタはセットメニューとして提供されるので、飲み物をいっしょに注文する必要があります。(以下セットメニューは単体での注文ができません)

KaikadoCafeメニュー
参照:Kaikado Cafe 公式HP

  

これが、Kaikado Cafeの「あんバタ」

注文から5分ほど待っていると、コーヒーとあんバタが同時に運ばれてきました。

京都あんこ巡りKaikadoCafe「あんバタ」の写真5
Kaikado Cafe・あんバタAセット

すごくおいしそう!(なのに、おいしそうに撮るの難しい)

「あんバタ」は思っていたよりもミニサイズでしたが、あんこがトーストの上に贅沢に載せられています。

京都あんこ巡りKaikadoCafe「あんバタ」の写真6
Kaikado Cafeのあんバタ

この特徴はもう、絶対おいしい。食べる前からほっぺたが落ちかけるほど想像以上の「おいしそうさ」です。

粒感を少し残しながらしっとり仕上げられたこしあん。

 

あんこは約1cmの分厚さでぎっしり載せられ、あんこ好きにとって最高のおやつ。

京都あんこ巡りKaikadoCafe「あんバタ」の写真2

持ってみるとずっしり重くて、あんこがトーストからあふれないよう口に運びます。

京都あんこ巡りKaikadoCafe「あんバタ」の写真3

とにかくおいしい。冷たいあんこと温かいバタートーストが合う。

餡は、創業から110年以上の京都の老舗「中村製餡所」のもので、程よい甘さなのがうれしい。

パンの中央には餡がよりたくさん詰め込まれています。

ずっと食べていられるおいしさでした。

 

餡のうまさを引き立てつつ、自分も主役級のバタートースト

餡だけでなくバタートーストもおいしいので、餡のうまさを引き立てつつトーストまで主役級。

京都あんこ巡りKaikadoCafeの写真

トーストの耳はサクッとしていて、「これはラスクなのでは?」と1口目で思ったほど。

パンの中身はフワッとしているのですが、バターがたっぷり染み込んでいるので噛むたびにジュワ〜っとうまさが出ます。

メニュー表に「バタートースト」とあったため、パン好きの人はそちらもおすすめ。

 

京都あんこ巡り情報:「Kaikado Cafe」の店舗について

京都あんこ巡りKaikadoCafeの写真8

京都駅(京都タワー側)から鴨川方面へ、10分ほど歩くとたどり着きます。(詳しくはマップで)

 

まとめ:#京都あんこ巡り、はじめました

京都駅からほど近い Kaikado Cafe を訪ねました。

あんこ好きにとって今回の「あんバタ」は、ちょっとあんこ欲を満たしてくれる至福のおやつです。

本当においしかった。ごちそうさまでした。

あんこのお菓子はコーヒーとの相性も抜群なので、食後に訪ねるのもいいですね。京都に行かれる際は、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

#京都あんこ巡り はじめました〜

雑誌「SAVVY」(2019年1月号)を購入して1年。

これまで雑誌を眺めながら「このあんこのお菓子、めっちゃおいしそうやなぁ」と空腹を刺激するだけでした。

 

雑誌に掲載されているあんこのお菓子を1軒も訪れないまま2020年に。。せっかく京都が近いのだから行こう!と、『#京都あんこ巡り』を定期的に開催します。

大好きなあんこを京都の街で食べ尽くす様子は、当ブログの「京都あんこ巡り連載」で発信していく予定。

「京都であんこのお菓子食べたいなぁ」と考える人の、行ってみたい!に寄り添える連載になるよう楽しんでいきます。

「京都あんこ巡り」の過去記事を見る