外出をミニマルに。less is「手ぶらエコバッグ」をレビュー

2019-08-17
生活雑貨
MINIMALS「手ぶらエコバッグ」のアイキャッチ画像

less isの『手ぶらエコバッグ』をバッグに忍ばせておくと、出先で小さいバッグが必要になったときに助けてくれる。

本屋で文庫本を買ったり、コンビニでお菓子を数点買ったりした場合、『手ぶらエコバッグ』の"ちょうど良さ"が身に染みます。

ミニマリストしぶさん監修ブランド・less is(レスイズ)では、"ミニマリズムで人生を取り戻した経験"をもとに、洗練されたデザインのグッズが販売中。

その中でもぼくは、手ぶらで出かけたくなる『手ぶらエコバッグ』を利用中なので、製品のことや使用感などをレビューします。

 

ミニマリストしぶ著『手ぶらで生きる。』もおすすめ

 

スポンサーリンク

less isの「手ぶらエコバッグ」とは

less is の手ぶらエコバッグを使えば、ほぼ手ぶらで持ち物をスマートにして出かけられます。

MINIMALS「手ぶらエコバッグ」の手持ち写真

− 商品詳細 −

ブランドMINIMALS less is
商品手ぶらエコバッグ
サイズS
重さ約25g
耐荷重1.3kg
素材タイベック
価格¥1,980+tax

less is はミニマリストしぶさん(Twitter / YouTube)が監修されているブランドで、手ぶらエコバッグは less is で開発された第2弾の商品です。

MINIMALS「手ぶらエコバッグ」サイズ表記の写真2

ぼくの買ったSサイズの場合、バッグを広げた大きさは約30cm×30cm

何も入れていない状態での厚みは約1mmと、バッグとは思えない薄さ。

MINIMALS「手ぶらエコバッグ」サイズ表記の写真

同じくSサイズの場合、折り畳んだときの大きさは約7.5cm×7.5cm

広げた状態から4回折り畳めば最小サイズになり、最小サイズでの厚みは約18mm

単行本のような薄さなので、バックパックに入れておいても全く気にならない存在感です。

 

手ぶらエコバッグのカラー展開は「黒」か「白」の2つ。

MINIMALS「手ぶらエコバッグ」黒と白

シンプルな色なので、どのコーディネートにも合わせやすいのもいい。

ちなみにぼくは「黒」「白」のSサイズを1つずつ使っています。

 

less is「手ぶらエコバッグ」のレビュー

使いはじめて5ヶ月ほど。必要なときによく使っていますが、実際に使ってみて感じたことをまとめます。

 

ミニマルなのによく入る。使わないときはポケットに忍ばせる

デザインも大きさもミニマルな手ぶらエコバッグは、バッグに“まち”がついているのでサイズ以上に大容量。

MINIMALS「手ぶらエコバッグ」とペットボトルの比較写真

ペットボトルと折りたたみ傘もなんなく入るんです。

Sサイズは1.3kgまでの耐久性があるので、ちょっとした買い物で使うこともできます。

MINIMALS「手ぶらエコバッグ」と本の写真

小説が3冊入る大きさと耐久性を確認済み。手ぶらで本屋に行って本を買い、ポケットから手ぶらエコバッグを出して帰るなんてこともできちゃいます。

MINIMALS「手ぶらエコバッグ」サイズ表記の写真

バッグを使わないときは7.5cm×7.5cmに折り畳んで、ポケットにこそっと忍ばせていたり。

 

かんたんに折り畳める

手ぶらエコバッグはとてもシンプルな機能を備えています。

バッグを広げて使用するとき、折り畳んでしまうときのどちらでも、直感的に扱うことができます。

MINIMALS「手ぶらエコバッグ」の折りたたみ写真3

バッグとして使う広げた状態から、

MINIMALS「手ぶらエコバッグ」の折りたたみ写真2

パタパタと半分に2回折って細長くなります。

MINIMALS「手ぶらエコバッグ」黒色Sサイズの写真

さらに2回折れば、このミニマルなサイズに。

 

高性能な繊維「タイベック」が軽くて丈夫

手ぶらエコバッグの素材で使用される「タイベック」は、建築分野などで広く使われる高性能な繊維です。

米国 デュポン社が開発した独自の構造により、優れた透湿・防水性能を有し、抜群の強度と耐久性能を保持する事が可能になりました。

現在では、この性能を活かし様々な用途で広く採用されております。

デュポン社公式

− タイベックの特徴 −
① 軽い
② 水に強い
③ 強度がある
④ 通気性がある

タイベックを使用したSサイズの場合、約25gの軽量感の裏で1.3kgの耐荷重がある。

MINIMALS「手ぶらエコバッグ」の白色Sサイズの写真

耐水性・耐久性も大きな特徴のタイベックのおかげで、かんたんにヘタれず長く使うことができるのもうれしいですね。

MINIMALS「手ぶらエコバッグ」の表面アップ

また手ぶらエコバッグは、紙袋のような上質でやわらかい手触りが特徴でもあります。使っていて心地よいのも大切だと思っています。

 

 

手ぶらエコバッグのグリップ耐久は少し心配

手ぶらエコバッグのグリップ部分の耐久性がどれだけあるか、は少し心配なところ。

MINIMALS「手ぶらエコバッグ」の表面アップ2

使うほどグリップ部分に大きな負担がかかっていきます。

シワシワになって少しやわらかいので、このまま使いつづけて大丈夫かなと心配も。

耐久性が長所のタイベック素材なので、これも素材に味が出てきている証拠かもしれません。

2020年5月追記:グリップ部分が気になってから数ヶ月たまに利用。グリップ部分が破れることはなく、問題なく使えています。

 

 

まとめ

ミニマリストしぶさんが監修されている、less is の『手ぶらエコバッグ』をレビューしてみました。

なによりこのシンプルなデザインと機能性は、持ち物をシンプルに統一させている人に気に入られるはず。

使わないときはペタペタと折り畳めるので、ポケットやバッグに収納しておけます。ぼくは本屋やちょっとした食料品の買い物で便利さを体感中。

2020年7月からレジ袋が有料化されたため、普段使いのエコバッグに『手ぶらエコバッグ』がおすすめです。

  

ミニマリストしぶ著『手ぶらで生きる。』もおすすめ

 

Next Recommend is…

所有物1,000個を断捨離し、324個まで減らしました
無印良品ボアフリースキャップ
持ち物すべてを1つずつ見直して、
「いま自分が持っておきたい324個」を厳選しました!