美腸活はじめよう。メンタリストDaiGoさんもおすすめ「プチ断食」効果8選

2019-08-09
スキンケア
プチ断食の効果8選
Illustration by Freepik Stories

1日の中で2回の食事はできるため、「最もつらくないカロリー制限」とも言われるプチ断食。

プチ断食には私たちの悩みを解決してくれるメリットがたくさんあります。

プチ断食の効果としてあげられるものは、例えば

  • 美肌になる
  • 睡眠の質アップ
  • 血液サラサラに
  • 体重を減らせる

メンタリストDaiGoさんや管理栄養士の方もプチ断食をおすすめされています。

 

スポンサーリンク

プチ断食は最もつらくないカロリー制限

プチ断食効果8選

プチ断食とは、1日の中で食べない時間を決めてゆるく食事制限する健康法のこと。

何日間も完全に食を断つ苦行ではなく、食事と断食を1日の中で交互に行うのです。

空腹に慣れるまでは大変ですが、「最もつらくないカロリー制限」と言われています。

 

むりのないカロリー制限から継続できる人が多く、ぼくも実践中です(2020年5月)。

プチ断食には、一般的な断食と違うところがあります。

  • 1日のうち8時間は食事できる
  • 1日2食は食べられる

プチ断食は「24時間のうち8時間」を食事時間として、空腹を作り出すことが大切です

プチ断食効果8選

そのかわり、食べてはいけない16時間は食事はしません。完全に食を断つわけではありませんが、ゆるい食事制限をします。

詳しい方法は「16時間は食事をしない「プチ断食」。意外とかんたんな2つの方法」にまとめています。

 

「多くの人がプチ断食の良い効果を実感されている」と、管理栄養士の方もおっしゃっています(参考:anan No.2160)。

メンタリストDaiGoさんもYouTubeで15分間ほど、研究結果とともにプチ断食の解説をされています。

 

 

プチ断食(16時間断食)の8つの効果

「プチ断食」には、主に8つの効果があります。無理なく続けることができ、効果を実感している人も多いそう。

メンタリストDaiGoさんや管理栄養士の方のお墨付きもあります。

各効果とともに、ぼく自身の体験談(やってみて効果を感じられたか?)も添えているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

プチ断食効果1:肌の調子が良くなり、きれい肌になる

プチ断食効果①美肌効果
Illustration by Freepik Stories

プチ断食1つめの効果は、肌の調子を良くして今よりもきれいな肌に変えること

  • プチ断食によって胃腸のはたらきが正常に
  • 便秘知らず&下しにくい胃腸になる
  • 成長ホルモンがよくはたらき、細胞修復が活発に
  • 肌のコラーゲン量が増えて、きれいに生まれ変わる

【体験談】

→ぼくは「ニキビ肌の改善を期待して」プチ断食をしていました。しかし目に見えるような効果はなく、個人的には肌の改善は実現できませんでした

 

プチ断食効果2:つらくない食事制限なのに、体重が落ちる

プチ断食効果②体重減少
Illustration by Freepik Stories

プチ断食の効果2つめは、最もつらくないカロリー制限で体重が落ちること

「1日2食だけ」と「食べていい8時間」をしっかり守ると、1日の摂取カロリーは必ず少なくなります。

プチ断食を始めた最初こそ食事制限は大変ですが、完全な断食ではないから乗り越えやすいと感じました。

「最もつらくないカロリー制限」と呼ばれるプチ断食は、1日2食を楽しみつつ体重を減らせるメリットがあります。

【体験談】

実際に1日の摂取カロリーを減らせるため、体重は1.5kg以上落ちました。

現在は「筋トレと食事管理で体重を増やしたい」と考えているため、プチ断食せずに1日3食にしています。

  

プチ断食効果3:腸内環境スッキリ!カラダの内から変わる

プチ断食効果③腸内環境
Illustration by Freepik Stories

プチ断食3つめの効果は、ホルモンのはたらきで腸内環境がスッキリ整えられること

プチ断食は1日2回の食事ができる健康法ですが、制限するなら何を食べてもいいわけではありません。

時間と余裕があるれば、ジャンクフードやコンビニ食は控え、生鮮食品を食べる方がいいでしょう。

よいホルモン(モチリン、グレリン)がはたらけば、腸内環境は自然と整っていきます。

【体験談】

→これは判断が難しいですね。もともと胃腸が弱くお腹を壊しやすいので、「すごく効果を実感してる!」とは言い切れないです。

胃腸の改善がないので、ぼくは効果はなかったと考えています。

  

プチ断食効果4:アンチエイジング効果で若々しく過ごす

プチ断食効果④アンチエイジング
Illustration by Freepik Stories

プチ断食4つめの効果は、空腹によるストレスがアンチエイジング効果をもたらすこと

「空腹を感じる=飢餓状態」なので、実は身体にストレスがかかっています。

この空腹ストレスが身体の長寿遺伝子のスイッチを入れて、アンチエイジング効果をもたらします。

【体験談】

→現在22歳なので「アンチエイジング効果」は判断できません。

が、「50代からの老化を防ぐ、3つの食習慣とは」にて医学博士の方は"「空腹感」と言うと健康を害するように思われますが、じつは逆に健康上とても重要な要素なのです。"とおっしゃっています。

  

プチ断食効果5:頭の回転が良くなり、集中力アップ

プチ断食効果⑤メンタル
Illustration by Freepik Stories

プチ断食5つめの効果は、頭の回転が良くなって集中力がアップすること

プチ断食をしている人は、血糖値の急な上下動が少なくなります。血糖値が安定することはメンタルの安定にもつながっているんですね。

血糖値とメンタルが安定することでヒトの脳は集中モードに入り、仕事や勉強などの集中力は上がります。

【体験談】

→たしかに勉強や考え事をするとき、プチ断食前よりも「さらに深い思考」を得られたような気がします。集中力のアップは感じますね。

  

プチ断食効果6:血液サラサラで血液検査も怖くない

プチ断食効果⑥血液サラサラ
Illustration by Freepik Stories

プチ断食6つめの効果は、血液がサラサラになって健康体になれること

胃腸のはたらきがよくなりお通じも改善される(*効果1)ので、身体からは老廃物や毒素がちゃんと排出されます。

またプチ断食による食べ過ぎの防止で「中性脂肪」「血糖値」は下がり、血液は少しずつサラサラになる。

脳卒中や心筋梗塞のリスクも下がるなどの効果が期待されます。

【体験談】

→まだ22歳なのもあって「高血圧」「高血糖」はありません。定期検診を最近していないので数値はありませんが、体調のよさをいつも実感しています。

 

プチ断食効果7:味覚が健康的に、ご飯をおいしく感じる

プチ断食効果⑦味覚の変化
Illustration by Freepik Stories

プチ断食7つめの効果は、味覚が研ぎ澄まされるため「食の好み」が健康志向になること

「食欲がリセットされ、体に本当に必要な食べ物がわかるようになる」と管理栄養士の方はおっしゃっています(参考:an・an No.2160

味覚が研ぎ澄まされることで身体により良い食品を取り入れるようになり、どんどん健康なカラダに変わっていきます。(*健康なカラダには食事だけでなく、運動や睡眠も大切)

【体験談】

→もともと健康志向(既製品をあまり食べない)でしたが、摂取する食材へのこだわりはさらに強くなりました。

・何が入っているか不明な既製品は避ける
・加工食品や添加物をできるだけ控える
・生の野菜やフルーツを多く食べる

食へのこだわりが強くなった結果、日々の食事への満足度も高くなり健康になっています。

  

プチ断食効果8:睡眠の質アップで朝のしんどさはダウン

プチ断食効果⑧睡眠の質アップ
Illustration by Freepik Stories

プチ断食の8つめの効果は、睡眠の質が上がるから朝スッキリ起きられること

プチ断食により胃腸の活動時間と回数が減るので、睡眠時の胃腸をしっかり休められます。

胃腸の負担が小さくなって睡眠(体力の回復)にエネルギーが使われると、睡眠の質が良くなることもわかっているそう。

【体験談】

→よく言われる「寝る3時間前までに食事を終える」も試しました。数値などのデータはありませんが、ぼくは睡眠の質アップを実感しています。

  

 

まとめ:プチ断食で「美肌男子」になりたい

プチ断食には、私たちの悩みを解決してくれる効果を期待できます。

ぼくは、ニキビ肌を少しでも落ち着かせて美肌男子になりたい。そのためにプチ断食に取り組んでいました。

午前中に食事を取らないことは簡単ではありませんが、なりたい姿のためにちょっとガマン。

もし日々の不調に悩みながらも「なりたい姿」があるなら、最もつらくないカロリー制限「プチ断食」は救世主になるかもしれません。

関連:16時間は食事をしない「プチ断食」。意外とかんたんな2つの方法

▽参考になった雑誌▽