浅草寺に新国立競技場、東京タワー。ちょっとおやつにドーナツでも。

2019-11-27
Photograph

カメラを持って東京へ。

旅の目的は、「東京の王道を撮り歩く」こと。

昔からそこに佇む東京や、新しく生み出された東京のシンボルを撮り歩きたい。

東京在住者にとっては「視界に入るいつもの日常」ですが、滋賀県に暮らすぼくにとっては好奇心が揺すられる情景なのです。

 

今回使ったカメラは「Canon EOS Kiss Digital N」(EOSシリーズの第2世代でとても古い)。

CanonEosKissDigitalNの写真2

スマホ転送機能はなく、液晶パネルも小さいので一見不便。ですが、どんな写真が撮れているのか撮影後すぐにわからないのは、スマホと違っておもしろい部分でもあります。

1年半ぶりの東京。あいにくの曇り空に包まれて肌寒い風に吹かれているけれど、ぼくの心はウキウキしっぱなしでした。

 

丸の内、通勤ラッシュ前

東京フォトウォーク9

夜行バスに揺られること8時間。

通勤ラッシュがはじまりそうな東京・丸の内へ到着しました。

東京フォトウォーク10

これまでも東京には何度か来ていたけれど、100年前の姿を忠実に再現した赤レンガの外装は未見でした。

テレビで見るより美しくてよかった……!

東京フォトウォーク2

東京オリンピック開会式まで241日。

いろんな問題が浮かび上がっているけど、「東京でやってよかったねぇ」って1年後にみんなで言える大会になったらいいな。

東京の通勤ラッシュ、やっぱり人が多い。

  

大好きな浅草へ

個人的に大好きな浅草へ。

東京に来るたびに宿泊したり立ち寄ったりしてしまう場所。レトロな雰囲気と人の温かさを感じられて好きです。

東京フォトウォーク35

雷門〜浅草寺は、観光客の少ない早朝がおすすめ。

東京フォトウォーク27

人が増えはじめると、仲見世通りはショッピングモールのようになります。

東京フォトウォーク29

早朝より人が増えたけれど、お祭りのような雰囲気が楽しい。

飛び交ういろんな言語に耳をそば立てると、まるで外国に来たかのような錯覚になります。

浅草好きだなぁ。

 

新国立競技場を見たい!神宮外苑へ

2019年11月末に完成予定(無事完成したみたい)の新国立競技場を見てみたい。

東京メトロ銀座線に乗って、浅草駅→青山一丁目駅へ。

東京に来たら「東京メトロ24時間乗車券」を買います。これ1枚あれば600円で東京メトロを乗りまくれるのです。

いちょう祭り、いちょう並木

東京フォトウォーク32

新国立競技場を見ようとワクワクしていると、神宮外苑のいちょう並木が歩行者天国になっていました。

ちょっと寄り道して、いちょう並木を歩きます。

東京フォトウォーク33
東京フォトウォーク1

みんなどんな会話に胸を弾ませているんだろう。

東京フォトウォーク18
東京フォトウォーク3

 

東京五輪まで240日

東京フォトウォーク15

いちょう並木を抜けて少し歩くと、お目当ての新国立競技場が見えました。

オリンピックチケットを申し込んでいないから、1年後のオリンピックは海外の出来事のように感じていました。

東京フォトウォーク5
東京フォトウォーク14

「来年のオリンピック、ほんまに東京でやるんや」とスタジアムを見て確認。

東京フォトウォーク4

時刻はまだ12時ごろなのに、すでに2万歩近く歩いていました。おいしそうなラーメン屋さんを発見したのに、躊躇して入れませんでした。次は立ち寄りたいな。

お腹すいた。おやつタイムにしよう。

 

永田町でおやつタイム「HOCUS POCUS」さんのドーナッツ

永田町のビル群にひっそり佇む「HOCUS POCUS」は、お洒落なドーナツ屋さん。

blank

1年半前にはじめて訪れたとき、あまりにも素敵な雰囲気に感動してしまい……。またも東京メトロを乗り継ぎ、やってきました。

東京フォトウォーク37
東京フォトウォーク21

ショーケースに並べられたドーナツ。どれもおいしそう。

東京フォトウォーク19

ひと口ずつ試食させてもらいながら、注文するドーナツを選ぶこともできます。

ここはドーナッツのラボラトリーです。「揚げ」「焼き」「蒸し」製法を問わず、素材にこだわり実験的なドーナッツを創ります。 あらゆる年代の皆さんに好んで食べていただけるよう、素材の持つ魅力や食感、風味を大切にしています。

引用:HOCUS POCUS公式サイトよりhttp://hocuspocus.jp/

「ドーナツのラボラトリー」の言葉に、うんうん頷いていました。

以前も食べた『クレープチャンク/ピスタチオ/ミルクチョコレート』を食べました。

HOCUS POCUSピスタチオドーナツ

外側はクレープの端っこ(チャンク)とミルクチョコレートでサクサク、中はたっぷりのピスタチオでホロっとした食感。ミルクチョコレートがいい感じなのです。

クセになるおいしさ。東京を訪れるたびに寄ってしまいそう。

「ここから撮るとゴージャスに撮れるよ」と、やさしい店員さんに教えていただいたので、パシャパシャ撮らせてもらいました。

東京フォトウォーク34

宝石箱みたい。

  

9年ぶりに真っ赤な巨塔へ

おいしいドーナツとコーヒーに胃腸から充足感を醸し出しながら、東京タワーへ向かいます。

東京フォトウォーク23

東京メトロの最寄・神谷町駅(日比谷線)から徒歩5分ほどで東京タワー直下に着きました。

東京フォトウォーク24

小学6年生のときに父と2人で展望台に登ったのを思い出しました。

展望台から見た景色はあまり覚えていないけど、チケットを購入してエレベーターで展望台へ向かうドキドキは記憶に残っています。

東京フォトウォーク6

青空をバックに撮りたかったので、いつかリベンジしに来よう。

 

あとがき

「東京の王道を巡ろう」とカメラを持って歩いた11月26日。

気温10度(正月のような寒さ)のなか、冷たいビル風に吹かれながらも王道を巡りました。

テレビでよく見る「非日常」を歩くのは、いつだってワクワクします。

昔からある東京も新しく作られる東京も、カメラを向けたり指をさして話したりとみんな楽しそうにしているのが印象的でした。