浅草、上野、丸の内。とことこ20kmを撮り歩く

2020-02-25
Photograph
東京スカイツリー夜景の写真

カメラを持って東京へ。

映画館すらない小さな田舎町で育つぼくにとって、「東京」という街は見渡すかぎり360度が被写体。

どこを切り取ってもいい感じに撮れそう!と思っているけれど、実際のところ上手に撮れずに頭を抱えています。

カメラ好きなら「撮れるようになりたい理想の写真」はあるはずですが、ぼくは雑食系カメラ好きなのか、「理想の写真」がまだありません。

撮りたいと感じたものに、好きなようにシャッターを切る"という意識をとりあえず抱えて、浅草から銀座までフォトウォーク。

 

使用カメラ SONY RX100M3

手のひらサイズで持ち運びやすいのに、高画質で色鮮やかに撮影できる「Cyber-shot RX100M3

機能のすごさは詳しくわかりませんが、「デジカメでこんなに撮れるん?」という写真を残せる愛用のカメラです。

 

夜の浅草界隈を撮り歩こう

東京を訪れるたびに足を運んでしまう浅草界隈。

新型コロナウイルスの影響もあってか観光客は少なく、建物をゆっくり見られる浅草はむしろ新鮮でした。

浅草寺五重塔の写真

浅草寺の五重塔を後ろから。

平行じゃないけれど小さいことは気にしない。

後から調べてわかったのですが、最上層には仏舎利(釈迦の遺骨)が納められているそうです。

浅草寺夜景の写真

少し離れた場所から本堂。

夜は人が少なくて落ち着いて楽しめるし、ライトアップされた境内は見応えがあって好きです。

東京スカイツリー夜景の写真

スカイツリーを見るために停泊していた屋形船を、後ろからこっそり撮ってみました。

シャッタースピード30秒に挑戦したので、シャッターを押してから約40秒間ドキドキしながら待ちます。

できあがった写真を見たとき「これ、自分の手で撮ったんやんな?!」とすごくうれしかった。

カメラを使いこなせるたびに、写真撮るのが楽しくなっています。

東京スカイツリー夜景の写真

 

近未来的なカプセルホテル「ナインアワーズ浅草」に宿泊

3年ほど前、NHKの『ドキュメント72時間』で知ったカプセルホテル「ナインアワーズ」。

当時取材されていたのはたしか新宿店でしたが、今回は浅草店に宿泊してみました。

ナインアワーズ浅草の写真02

ホテルの外観は、機械的な感じでSFっぽい。

1〜2階は「FUGLEN」というカフェが併設されていて、朝食付プランで宿泊するとコーヒーとパンを食べられます。

建物右側に見える蜂の巣のような光の穴は、眠るためのカプセル部分。

ナインアワーズ浅草の写真01

建物内のカプセルはこんな感じで、少しずらした2段ベッド式。

横のカプセルで眠る人のいびきを聞きながらパチリと目を覚ましました。朝の優雅さどこですか。

FUGLEN浅草のコーヒーとクロワッサン

朝食付プランで宿泊していたので、「FUGLEN」でモーニング。

写真じゃ伝わらないクロワッサンの大きさに、なぜかワクワクしたことを思い出しますね。

「コーヒーのおかわりは170円になります。」と店員さんに言われていましたが、迫るチェックアウト時間を気にしてしまい、2杯目は飲めませんでした。

店内の雑誌を読みながらコーヒーを喉に通す。朝の優雅さはここにありました。

 

あてもなく上野方面に歩いてみよう

コーヒーとクロワッサンで小腹を満たしたので、カメラ片手に東京を歩きます。

時刻は午前10時。22時の夜行バスまで予定を決めていないので、1日ひとりで歩き回って写真を撮ることに。

修行みたいな1日のスタートです。

合羽橋通りの街並み写真01

田原町〜上野を歩いていると、ビルの上にちょび髭を生やしたシェフを発見。

ファインダーを覗いてカメラを構えた瞬間、雑誌「POPEYE」で紹介されていたことを思い出しました。

合羽橋通りの街並み写真02

ちょび髭おじさんの向かい側。窓の外にコーヒーカップがくっついています。

コーヒーカップはバルコニーになっているのかな。

上野駅の写真

なんとなく撮ってみた上野駅。本当になんとなく。

上野公園の西郷隆盛像の写真

上野公園の西郷隆盛像。

NHK大河ドラマ『西郷どん』を見ていたときから来たかったので、ようやく見られました。

上野公園と本の写真

上野公園でちょっと休憩。

土曜日だから人が多くてにぎやかでした。脇にあったベンチに腰かけて、おじさんの横で本を読んだり。

アメ横の写真

はじめてのアメ横。外国人の家族も多くてわいわいしてました。

バナナマンが番組で来ていた(気がする)スカジャン屋を探すも見つからず。

アメ横の写真01

もっと接写すればよかった。商店街での撮り方はわかりません。

 

秋葉原・神田を抜けて丸の内を楽しみます

秋葉原の電気屋でGoProを見てまわり、神田のJR線路沿いを歩き抜けると、丸の内にたどり着きました。

東京駅とビル群の写真

日本郵便が手がける商業施設「KITTE(キッテ)」から望む、東京駅舎と丸の内ビル群。

少し上から眺める東京駅舎もいいですね。

東京国際フォーラムの写真

東京駅から歩いて5分ほど。「東京国際フォーラム」にやってきました。

"東京でお金を払わずに休める場所"として、これも雑誌「POPEYE」で紹介されていたのを思い出しました。

東京国際フォーラムの写真

六本木の「国立新美術館」や京都駅構内に内装が似ているなあ。

銀座歩行者天国の写真

丸の内からもう少し足を伸ばして、銀座の歩行者天国にもはじめて行ってみました。

京都や大阪は何度も行っているけれど、この歩行者天国はちょっと異次元。なんか怖かった…。東京すご〜と改めて思い知りました。

東京駅の夜景の写真

時刻は19時。22時の夜行バスまではまだまだ時間があるので、マクドナルドで本を読んだりしておきます…。

 

フォトウォークおしまい!

 

まとめ

浅草から銀座まで約20km、36,000歩の道のりでカメラを片手に散歩してみました。

交差点でファインダーを覗いたり、公園のベンチに座って人を眺めていたり、商業施設で雑貨を見ていたり、"のんびり楽しく"。

ひとりで回っているので喋る相手は横にいなくて、撮った写真を見せ合えない寂しさはありますが、"最高の写真を撮れたときのうれしさ"は人数に関係ないんだなと思いました。

次は「巣鴨の商店街」と「大塚のおにぎり屋」に行きたい!!